トップページ
指導員情報 
行事予定
表彰関連 
行事結果
ダウンロード
加盟団体
用具貸出し 
LINK
アスリート
協会概要
 
ご協賛
 


県内のトップアスリート及び指導者情報


「今まさに活躍されている、トップアスリート・指導者について」お知らせ
2017年、石川県の選手5名が、日本代表として世界の舞台で素晴らしい活躍をされております。
さらなるご活躍をされますよう、応援しています。

おめでとうございます
  井上義人  コーチ(木作りおもちゃ 工房なかやま)
  西村潤一(じゅんいち)選手(株式会社 平野甘源堂)
     ・2017年3月フランス:INAS知的障害者クロスカントリースキーリレーで日本チームとして銀メ
      ダル獲得!  
  井上明浩  日本選手団団長(金沢星稜大学)
  川上春菜(はるな)選手(日本海倶楽部所属)
     ・2017年5月タイ・バンコク:INAS(知的障害者)世界陸上選手権大会 女子4×100mリレー
      第4走者アンカーで日本チームとして銀メダル獲得!  がんばれ 応援しています
  田中恵子(けいこ)選手(小松市)
     ・2017年5月29日まで香港:アジア・オセアニア地区選手権 代表選手団個人BC3に出場中!
  古崎倫太郎(りんたろう)選手(Jamaney石川所属)
     ・2017年5月男子U23第9回ファザ国際車椅子バスケットボールトーナメントinドバイで銅メダ
      ル獲得
     ・2017年6月カナダ・トロント2017IWBF男子U23世界車椅子バスケットボール選手権大会に
      出場される。
  森光佑矢(ゆうや)選手(金沢星稜大学)
     ・2017年7月に開催される聴覚障害者の世界大会「2017 デフリンピック・トルコ大会」日本代
      表男子800m・1500m・1800 リレーに出場されます。
「今まさに活躍されている、トップアスリート・指導者について」お知らせ
  文部科学省主催「スポーツ功労者等に係る文部科学大臣顕彰及び表彰式」が都内で行われ、内灘町の井上義人さんが、障害者スキーの指導者として「国際競技大会優秀者等表彰」を受賞されました!

H3(1997)年より、白峰スキー協会指導のもと、長野・ソルトレイクパラリンピック出場に向け、西村潤一選手と活動を開始する。
1999年には、全日本チーム入りを果たした西村選手と共に、自らも全日本チーム合宿に同行して、 選手強化法を習得された。
2009年のINAS世界大会では、全日本派遣チーム監督を歴任し、現在も日本チームIDクラス派遣強化スタッフとして活躍される一方、県内の障害者アスリートの発掘・育成に精力的に取り組まれている県を代表する指導者。
西村潤一選手: 18歳より、この競技に取り組み、コーチの井上義人さんと二人三脚で競技を続け、日本国内のジャパンパラ冬季クロスカントリー競技大会で男子フリー-10キロ(ID(知的)の部)17連覇中の日本を代表する選手。
2015/7/17には文部科学省国際競技大会優秀者等表彰を受賞。





リオパラ大会:車椅子バスケットボール日本代表選手に宮島徹也選手(金沢市在住)が選ばれました。

「第3回世界ろう者陸上競技選手権(東欧 ブルガリア)1500m日本代表の森光佑矢選手(金沢星稜大学3年)は、6/28 1500m決勝にて、それまで自身が持っていた記録(3分59秒2(日本ろう記録保持者))を塗り替え、3分54秒11の好タイムで金メダルを獲得!
来年トルコで開始予定の「デフリンピック」日本代表に関する基準がすべてクリア!

おめでとうございました。
 「今まさに活躍されている、トップアスリート・指導者について」お知らせ
2017年7月18日(火)開会式~2017年7月30日(日)閉会式 第13回デフリンピック競技大会において
                                   (通称:サムスン 2017 デフリンピック大会)
 日本代表選手である「金沢星稜大学4年 森光佑矢選手」が、聴覚障害者スポーツの世界最高峰の舞台でメダルを狙う!
最新情報はここから 大会公式ウェブサイト  http://www.deaflympics2017.org/en
             日本選手団ウェブサイトhttp://www.jfd.or.jp/sc/samsun2017/











copyright © 2009 石川県障害者スポーツ協会 all rights reserved